ボードの長さに惑わされない

シェアする

今日はダブル講習会でした!

午前中はスノーボード講習会。

とてもためになったと喜んでられました!受講ありがとうございます!

特にサイドウォールのところでは、ご自分が思い描く滑りとは違ったボードと気づかれたようでしたね。

みなさんも滑っていて思い描くような滑りと何かが違うと感じていませんか?

違いは色々とあると思いますが、一つの違いの原因としてボードの長さが、何てこともありえませんかね?

最近はよくFOSSILのNATURALが話題になってて、そこで「ボードの長さに惑わされない」というフレーズが今日の講習会やこないだの試乗会でよく出てきてまして、確かにNATURALに関しては操作性がとても良いので、自分が思っているサイズより長くても乗れてしまう、長さに惑わされない代表のボードではないでしょうかー!

試乗会の時はみなさん、普段乗っているボードサイズで想定して試乗されるのですが、普段乗っているサイズより長いボードを用意すると、

え?長くないですか?とみなさんこぞっていうのですが、試乗して戻ってくると

全然乗れたよ~!とか、長さが全然気にならなかったー!とか、むしろこっちのサイズだな笑と、予想以上にみなさん驚いてました。

今スノーボードの選び方で万延してしまっている、身長からマイナス15cmでいくと、私は身長156cmなので、141cm前後のボードが適正サイズということになります。確かに昔は141cm前後から入って、147cmになって、今は151cmのNATURALに乗って、フリーランして滑ってます。場所によって、スピード出して滑りたいところやレースやパウダーを滑る時はNATURAL 154cmも乗って滑ってますよ。けど年々スピード領域が上がってますので、スピードを出して滑るとしたら、今141cm前後のボードに乗ったら怖くて滑れません笑

あれ?適正サイズより10cm以上も長いですね~笑 これは一体どうゆうことなのでしょうか?

ボードによって、滑り方によって、自分が思い描く滑りによってボードサイズが変わるということですね!

この辺りの仕組みについてはスノーボード講習会でみっちりとお伝えしていますので、これからボード購入を検討の方、自分はどんなボードで滑っていいのかよく分からなくなっている方はぜひスノーボード講習会を受講してみてくださいね。ヒントは必ずありますからー!

そして午後からはホットワックス体験教室で、ホットワックス以外にもご自分でできるエッジのお手入れ方法もお伝えしてます!

エッジの毛羽取りなど簡単にできますよ~

エッジのお手入れも滑りに関わってきますので、忘れずに!

シーズン入りますとスノーボード講習会、ホットワックス体験教室も混み合ってきますので、平日の夜も今年から開催していますので、こちらもぜひご利用くださいねー!

スノーボード講習会

ホットワックス体験会

受付可能日はこちらでご確認ください!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
神奈川県横浜生まれ。横浜市都筑区にあるスノーボード専門店「newest」のスタッフです。冬はゲレンデ、夏は室内ゲレンデを利用して1年中スノーボードの魅力を伝えています。趣味の家庭菜園は無農薬・無肥料での栽培を実験中。自分で育てた野菜を食べるのが好きです。