これがジェネレーションギャップなのか!

シェアする

最近若い子と接する機会が増えまして、あ、若い子とは20代前半のかわいい女の子たちですよ。目も肌も髪の毛も何でも輝いて見えます。私とは半分も年齢が違います。そんなことは当たり前の話ですが笑

そんな年が離れた子たちと話をするのが最近の楽しみでもあります。40歳になると、まわりはほとんど結婚していて話は子供の話やら旦那さん話やらで話題についていけないし、まー興味もありませんけど笑 みんな家庭の事で忙しい様です。なのであまり同年代の方とは接する機会がなくなりました。

あ、でも同年代で接する機会はnewestではたくさんいますけどね!

スケート部のお兄さん

なので、独身で若い子と話ができるなんて今は貴重な時間です。

あ、今思いました?そんな若い子と話が合うのかって?

はい、そこです

話は…合いません!笑

そりゃー生きてきた年代が違いますからね。

先日ですが映画の話をしていました。

最近泣ける映画が見たくって、何か泣ける映画がありますかね?

と聞かれて、とっさに出てきたのが「南極物語」でした。だいぶ古いですね笑

え?何ですかそれ?どうゆう内容ですか?

な、南極物語を知らないのか…これがジェネレーションギャップってやつか!

タロー!ジロー!

内容を説明しましたが、いまいち彼女はぴんとこなかったようなので、もう少し新しい映画であるかと、頭で検索して出てきたのが「アルマゲドン」でした。

あー!知ってます!学校の授業で途中まで観ましたよ!あれは泣けましたよね〜

よかった〜やっと合う話ができると思ったのですが、学校の授業?学校で映画を観る授業があるのかー!っとまたジェネレーションギャップを感じてしまいました。

でも、ジェネレーションギャップってお互いの価値観というか、時代の背景もわかるので、自分が知らなかった時代がわかるので、何か倍に得した気分になりません?なので、若い子に限らず、同年代以外の人と接することって楽しいですね。特に若い子からは新鮮で新しい発想があるので一緒にいると勉強になります。

今度はどんなジェネレーションギャップが待ってるか楽しみです!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
神奈川県横浜生まれ。横浜市都筑区にあるスノーボード専門店「newest」のスタッフです。冬はゲレンデ、夏は室内ゲレンデを利用して1年中スノーボードの魅力を伝えています。趣味の家庭菜園は無農薬・無肥料での栽培を実験中。自分で育てた野菜を食べるのが好きです。