イチゴのランナー

シェアする

イチゴを収穫しました!といっても超小粒ですが、収穫は収穫です。

早速食べてみたところ甘かった!予想以上に!完熟です!ヘタと実の境目まで赤いのが完熟してる証拠です。

スーパーで売ってるイチゴは完熟前のもの。完熟全開で食べられるのは家庭菜園の良いところですね。作り始めた頃は実もならないだろと思っていたので、まーまーではないでしょうか。欲を言えばもっと大きく育って欲しかったな〜

ちょっと悔しいので何で大きくならず小粒だったのか調べると、イチゴは次の子孫を残すために、ランナーと言われるツルみたいなのが伸びてきます。

1メートルはないくらいですがヒョロと出てきてます。これはどんどん伸びて、 親から子、子から孫

孫からひ孫といった感じでどんどん出来るらしいです。

このランナーと言われものは次のイチゴを作るために必要なものまでは知っていたのですが、このまま伸ばしていけばいいのかなと思って伸ばしてましたが、イチゴが成長中の時は切って方が実が大きくなるんですって。それを今知ったものですから、もう遅いです。

もっと早くにわかってたらな〜と。

はい、勉強不足でしたね。けど次回は上手く出来そうな気がします。

あとこれはちゃんと受粉できなかったイチゴ。形がキレイじゃないけど味は甘かったですよ。

ん〜これも何か対策ができたかもしれませんね。

次こそはやりますよー!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
神奈川県横浜生まれ。横浜市都筑区にあるスノーボード専門店「newest」のスタッフです。冬はゲレンデ、夏は室内ゲレンデを利用して1年中スノーボードの魅力を伝えています。趣味の家庭菜園は無農薬・無肥料での栽培を実験中。自分で育てた野菜を食べるのが好きです。