滑走面の汚れを見て~!

シェアする

昨日はザ・ストップ雪の日でした。というよりか汚れがすごかった!

ということで、今日はボードのクリーニング。滑走面は汚れで、触るとべっとりしています。

表面がべっとりしている汚れは、始めにキッチンペーパーに汚れ落としのクリーナーを吹きかけて表面を軽く拭きとります。

真っ黒だね。

汚れ落としのクリーナーは絶対に直接ボードに吹きかけちゃだめですよ。あとゴシゴシ拭くのもね。せっかく入れたベースワックスが解けてしまうし、滑走面も痛めてしまうので要注意ですよ。さっさとね。

まだまだこれでは汚れは落ちてませんよ。次はスクレーパーをかけます。そのあとはブラシをかけます。

そうするとこんなにも恐ろしい汚れが出てきます!ちなみにワックスはちゃんと剥しましたからね。

汚れが出てくるとワクワクするのは私だけ?

一端はきれいに見えますが、今度は滑走面に入ってる汚れをホットワックスで浮き立たせます。

そしてすぐにスクレーパーでホットスクレープすると出てきましたよ!

どんだけ~!

これでクリーニングは終了。あとはベースワックス入れたり、滑走ワックスいれたりします。いや~見た目以上に汚れてましたね。クリーニングの仕方というか、この汚れをどうしても見て欲しくって笑

クリーニングの方法はホットワックス体験教室でちゃんとお教えしますよ!

こちらもぜひご利用くださいね~☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
神奈川県横浜生まれ。横浜市都筑区にあるスノーボード専門店「newest」のスタッフです。冬はゲレンデ、夏は室内ゲレンデを利用して1年中スノーボードの魅力を伝えています。趣味の家庭菜園は無農薬・無肥料での栽培を実験中。自分で育てた野菜を食べるのが好きです。