サツマイモの反省点

シェアする

こないだの話ですが、もう一つの畑の方でサツマイモとラッカセイの収穫をしました。

サツマイモは苗が余ったので2株だけ植えてました。

こちらのサツマイモは植え付け方が上手くいったみたいで1株からたくさん採れました!

大きさも程よくいい感じです。

なんとなくですがメインで植えてたサツマイモの方は植え付け方があまり上手くいってないような気がしていて、いざ掘って見ると10株植えたのですが、だいたい1株から2個くらいしか採れなかったです。大きさもなく数も少なかったと思って。

植え付け方でこんなにも変わるんですね~

でももうだいたいわかったから来年は上手くできますよ~!

ラッカセイもタネが余っていたので植えましたが、こちらはナスの間に植えたラッカセイとは違って、茎が倒れずたったままで土には潜り込んでませんでした。

なので実がほとんどなかったですが、根っこの方に実が成ってました!

ほんとは茎の方にも実が付いてればたくさん採れたんですねー

なんでこうなったかよくわかりませんが育ってる環境が違うとやはり変わるんですね。

よい勉強になりました。

ラッカセイは採りたてを茹でると美味しいとのことで食べてみましたが、殻は硬かったのですが豆の方はホクホクしてておいしかったですよ~!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
神奈川県横浜生まれ。横浜市都筑区にあるスノーボード専門店「newest」のスタッフです。冬はゲレンデ、夏は室内ゲレンデを利用して1年中スノーボードの魅力を伝えています。趣味の家庭菜園は無農薬・無肥料での栽培を実験中。自分で育てた野菜を食べるのが好きです。