ダイコンのタネを脱穀です!

シェアする

ひとまず保留にしていたダイコンのタネ採り

いや、めんどうだったから後回しにしていたけど、本格的に採ろうと今日は決意しまして始めましたー!

まず枝に付いてたサヤを採りました。

ここまではスムーズにできました。

続きまして、木の棒で叩いて殻を割りました。

このくらいでいいでしょうかね?

叩きながら、これって脱穀か?脱穀だ!おー原始的!機械がない時代は大変だったんだね~

と思いました。

これでダイコン3本から採りました。どんだけ蒔くの?というくらい量があります。

お~!タネが出てきましたねー!

以外にもタネはつぶれない。

そして、さらに殻とタネを分けるべく、自然の風で飛ばす!

軽い殻は風で飛んでって、タネは残ると。

飛んでった殻はまた畑に残って土に還る。ん~合理的!

でも、これってもっと細かく割らないと殻が飛んでかないよね?

と思ってまた叩いて始めましたが、これは今日中には終わらないと思って途中で終了しました。

続きはまた今度といことで、いつになるかわかりませんが(笑)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
神奈川県横浜生まれ。横浜市都筑区にあるスノーボード専門店「newest」のスタッフです。冬はゲレンデ、夏は室内ゲレンデを利用して1年中スノーボードの魅力を伝えています。趣味の家庭菜園は無農薬・無肥料での栽培を実験中。自分で育てた野菜を食べるのが好きです。